デンタルケアについて

犬や猫の歯周病

 成人の80%以上が歯周病を持っているといわれていますが、ワンちゃんやネコちゃんも同様に、3歳以上の成犬・成猫の80%以上が歯周病を持っているといわれています。デンタルケアの大切さは分かっている飼い主様でも、歯磨きをしようとすると嫌がるからとか、ケアのやり方自体がよくわからないからという理由で何もしていない人が非常に多いようです。また、歯周病の場合には症状が出ても気づきにくいということも、この病気を多くしている一因だと言えます。症状が出た頃には、すでに病気が進行している状態なので、普段からのケアと早めの治療がとても大切です。

まずは、口腔内検診を受けましょう。

 お口の中を診察し、歯肉の状態や歯垢・歯石の付着度合いなどを確認します。まだ、歯周病の初期に発症する「歯肉炎」程度であれば、進行を抑えるために、普段のお手入れについてアドバイスさせていただきます。
 歯石が付着し「歯周炎」に進行している状態であれば、超音波スケーラー等を使用して、歯石を除去する必要があります。ワンちゃん、ネコちゃんの歯科処置を行うには全身麻酔が必要なので、麻酔下での処置が可能かどうか、術前検査(血液検査・X線検査等)を行い、基礎疾患の有無とその程度を確認します。

歯周病の予防について

 歯周病の原因は歯垢中にいる細菌なので、歯垢を付着させないことが最大の予防法となります。最も効果の高い予防法は、歯磨き(ブラッシング)です。歯磨きのやり方がわからない場合はお気軽にスタッフにお声がけください。ブラッシングが難しい場合は、歯石付着予防効果のあるドライフードや、歯石除去効果のあるガム、ペット専用の歯磨き剤や歯ブラシも院内にご用意しています。

歯周病の治療について

 歯周病治療の基本は、歯垢・歯石を除去することにありますが、肉眼的に見える部分だけではなく、歯根面、歯周ポケット内の歯石や細菌によって汚染された組織などを除去して清潔な状態にします。また、炎症などによって異常に増殖した歯肉も除去する必要があります。
 中等度以上の歯周病になると、歯を支えている歯槽骨の吸収が起こってきます。この状態になると歯周病は良くなってきても、ほとんどの場合、歯槽骨は元の形に戻りません。さらに、吸収が進行すれば、歯のぐらつきが生じ、重度なものは抜歯が必要となります。
 無理に歯を残すことは、その後に悪い影響を及ぼすことがあるので、必ずしもよい選択とはいえませんが、吸収の程度、ぐらつきの有無・程度に応じ、歯槽骨の再生やポケットの改善など歯周組織の付着機構の再生を誘導する方法も試みられています。当院では、エムドゲイン法というエナメルマトリックスタンパクを使った方法で、歯周組織の再生を試みております。

 一連の手順で治療を行なった後、衛生管理としての口腔内ケアを実施しなければ、すぐに歯垢・歯石が 付着し始め、再び歯周病になります。処置後は、その子にとって可能なケアーを実施していくことがとても大切です。歯ブラシ、デンタルシート、デンタルジェル、デンタルガムなど、中でもハミガキが最良ですが、まずは可能なものから、無理なくはじめましょう。

歯石除去(麻酔下超音波スケーリング)の主な手順

@歯石がびっしりと歯を覆ってしまっています。
A鉗子を使い、おおまかに歯石を除去します。
B超音波スケラーで歯垢・歯石を除去します。
Cハンドスケラーで細かい歯垢・歯石を除去します。
D歯垢・歯石の再付着を防ぐため、歯肉に隠れている歯の表面を滑らかにします。(ルートプレーニング)
E研磨剤をつけたポリッシングブラシやラバーカップで歯の表面を研磨します。
F細菌や研磨剤、歯石のかけらなどが残っていると、キズの治りが遅くなったり、不快感の原因になったりしますので、きれいに洗い流します。
G処置終了です。 歯石を再付着させないために、普段からのケアを心がけてください。
※歯周病が重度の場合は、抜歯などの口腔外科処置が必要となることがあります。

歯を抜いたワンちゃん・ネコちゃんは処置後しばらくはドライフードをふやかしてあげるなど、やわらかいお食事にしてください。また数日間は、歯みがきや、デンタルガム、口でくわえて遊ぶおもちゃは控えてください。

年中無休 午前診療/9:00〜13:00 午後診療/16:00〜20:00 夜間救急/20:00〜24:00

※夜間救急について

Tel.042-703-5521

メールでのお問合せ

相模大野プリモ動物病院 案内図
看板猫「だいちゃん」写真集
ページトップへ