特化診療

歯科(デンタルケア)

 成人の80%以上が歯周病を持っているといわれていますが、ワンちゃんやネコちゃんも同様に、3歳以上の成犬・成猫の80%以上が歯周病を持っているといわれています。デンタルケアの大切さは分かっている飼い主様でも、歯磨きをしようとすると嫌がるからとか、ケアのやり方自体がよくわからないからという理由で何もしていない人が非常に多いようです。また、歯周病の場合には症状が出ても気づきにくいということも、この病気を多くしている一因だと言えます。症状が出た頃には、すでに病気が進行している状態なので、普段からのケアと早めの治療がとても大切です。

まずは、口腔内検診を受けましょう。

 お口の中を診察し、歯肉の状態や歯垢・歯石の付着度合いなどを確認します。まだ、歯周病の初期に発症する「歯肉炎」程度であれば、進行を抑えるために、普段のお手入れについてアドバイスさせていただきます。
 歯石が付着し「歯周炎」に進行している状態であれば、超音波スケーラー等を使用して、歯石を除去する必要があります。ワンちゃん、ネコちゃんの歯科処置を行うには全身麻酔が必要なので、麻酔下での処置が可能かどうか、術前検査(血液検査・X線検査等)を行い、基礎疾患の有無とその程度を確認します。

歯周病の予防について

 歯周病の原因は歯垢中にいる細菌なので、歯垢を付着させないことが最大の予防法となります。最も効果の高い予防法は、歯磨き(ブラッシング)です。歯磨きのやり方がわからない場合はお気軽にスタッフにお声がけください。ブラッシングが難しい場合は、歯石付着予防効果のあるドライフードや、歯石除去効果のあるガム、ペット専用の歯磨き剤や歯ブラシも院内にご用意しています。

詳しくはPCサイトへ

内科専門外来(神経科・内分泌科・遺伝診療科)

玉原 智史
東京大学農学部獣医学専攻卒業
【所属学会・研究会】獣医臨床病理学会、獣医神経病学会、獣医臨床遺伝研究会

詳しくはPCサイトへ

【内科専門外来時間】
常時外来を受け付けておりますが、予約診療も可能です。診療日:日・月・火・水・木曜日
予約に関してはお電話 042-703-5521 またはメールでご確認ください。

治療実績

【治療実績2012年1月〜10月】
■αβTリンパ球療法
・犬(13歳):低分化型リンパ腫・猫(8歳):乳腺腫瘍・犬(14歳):乳腺腫瘍(多発)・犬(13歳):脾血管肉腫
■γδTリンパ球療法
・犬(7歳):骨腫瘍
■脂肪幹細胞療法
・犬(5歳):椎間板ヘルニア・グレード5 ・猫(15歳):腎不全 Iris3
■高濃度ビタミンC点滴療法
・猫(10歳):難治性口内炎・犬(3歳):アレルギー性皮膚炎・犬(3歳):アレルギー性皮膚炎

歯科(デンタルケア)

 成人の80%以上が歯周病を持っているといわれていますが、ワンちゃんやネコちゃんも同様に、3歳以上の成犬・成猫の80%以上が歯周病を持っているといわれています。歯周病の場合には症状が出ても気づきにくいということも、この病気を多くしている一因だと言えます。症状が出た頃には、すでに病気が進行している状態なので、普段からのケアと早めの治療がとても大切です。

まずは、口腔内検診を受けましょう。

 お口の中を診察し、歯肉の状態や歯垢・歯石の付着度合いなどを確認します。まだ、歯周病の初期に発症する「歯肉炎」程度であれば、進行を抑えるために、普段のお手入れについてアドバイスさせていただきます。
 歯石が付着し「歯周炎」に進行している状態であれば、超音波スケーラー等を使用して、歯石を除去する必要があります。

歯周病の治療について

 歯周病治療の基本は、歯垢・歯石を除去することにありますが、肉眼的に見える部分だけではなく、歯根面、歯周ポケット内の歯石や細菌によって汚染された組織などを除去して清潔な状態にします。
 中等度以上の歯周病になると、歯を支えている歯槽骨の吸収が起こってきます。この状態になると歯周病は良くなってきても、ほとんどの場合、歯槽骨は元の形に戻りません。さらに、吸収が進行すれば、歯のぐらつきが生じ、重度なものは抜歯が必要となります。
 無理に歯を残すことは、その後に悪い影響を及ぼすことがあるので、必ずしもよい選択とはいえませんが、吸収の程度、ぐらつきの有無・程度に応じ、歯槽骨の再生やポケットの改善など歯周組織の付着機構の再生を誘導する方法も試みられています。当院では、エムドゲイン法というエナメルマトリックスタンパクを使った方法で、歯周組織の再生を試みております。

詳しくはPCサイトへ

東洋医学療法

 私たちや動物の体には、体表に経絡(けいらく)というものがあり、その流れにある経穴(ツボ)を、鍼や灸で刺激することで脳に刺激を伝達させ、鎮痛・自律神経系の調節・血流の改善、免疫強化、体の崩れたバランスを元に戻す(恒常性)効果をもたらします。
 体のバランスが崩れてくると体の表面にある経絡のツボに、圧痛・硬結・冷え・熱感等の反応として現われます。その異常を、脈をみたり、舌色を見たり、体全体に触れたり、飼い主様から様子を聞かせて頂いたことなどを総合的にとらえて東洋医学的な見方で、どの五臓六腑(肝・心・脾・肺・腎・胆・小腸・胃・大腸・膀胱)のバランスが崩れているのかを診ていきます。

 そして、バランスの崩れた五臓六腑に対する経絡を鍼灸を用いて治療し、様々な悪い影響を取り除いたり、また弱っている部分を補ったりすることで、体全体のバランスを整えていくのです。
 ですから鍼灸治療は、様々な症状への改善効果が得られる事はもちろん、健康維持のための治療としてもとても効果的です。主に体全体の気の流れを回復させ、活性化させて整えることにより、自然治癒力を引き出すことも期待出来ます。

相模大野プリモ動物病院
副院長 榊原 麻衣子

詳しくはPCサイトへ

tel.042-750-7880
繝。繝シ繝ォ繝輔か繝シ繝縺九i縺雁撫縺蜷医o縺